清武1ゴール1アシスト!!初の日本人4選手同時出場で輝き放つ

ゲキサカ / 2014年11月8日 9時2分

清武1ゴール1アシスト!!初の日本人4選手同時出場で輝き放つ

[11.7 ブンデスリーガ第11節 ヘルタ・ベルリン0-2ハノーファー]

 ブンデスリーガは7日、第11節1日目を行い、MF清武弘嗣、DF酒井宏樹の所属するハノーファーは敵地でMF細貝萌、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦し、2-0で快勝した。清武、酒井、細貝、原口はそろって先発出場。史上初となる日本人4選手同時出場が実現した試合で清武が1ゴール1アシストを記録した。

 またも清武がセットプレーからゴールを演出した。ハノーファーは前半44分、清武の右CKにMFジミー・ブリアンが右足ボレーで合わせ、先制点。清武は直接FKを決めた前々節・ドルトムント戦(1-0)、FKから決勝点を演出した前節・フランクフルト戦(1-0)に続き、今度はCKから今季初アシストを記録した。

 1-0で折り返した後半11分には清武のシュートがゴールネットを揺らす場面もあったが、その前のプレーでオフサイドの判定。それでも同31分、中盤でインターセプトしたMFレオナルド・ビッテンコートから長い斜めのスルーパスが清武に通る。清武は鋭い切り返しでMFペア・シルヤン・シェルブレットのスライディングタックルをかわし、今度こそ左足で正真正銘のゴールを叩き込んだ。

 清武は2試合ぶりとなる今季2得点目。後半42分に交代したが、1ゴール1アシストの活躍でチームを3連勝に導いた。酒井もフル出場で完封勝利に貢献。細貝はフル出場したが、5試合ぶりの先発だった原口は後半29分に交代となり、ヘルタは2連敗となった。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング