1ゴール1アシストの清武、3試合連続でブンデス公式のMOMに

ゲキサカ / 2014年11月8日 8時14分

1ゴール1アシストの清武、3試合連続でブンデス公式のMOMに

[11.7 ブンデスリーガ第11節 ヘルタ・ベルリン0-2ハノーファー]

 ブンデスリーガは7日、第11節1日目を行い、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーは敵地でヘルタ・ベルリンと対戦し、2-0で快勝した。ブンデスリーガ公式サイトは、1ゴール1アシストを記録した清武を3節連続でマン・オブ・ザ・マッチに選出している。

 前半44分に右CKからMFジミー・ブリアンの先制点をアシストした清武は後半31分、MFレオナルド・ビッテンコートからスルーパスを受けると、鋭い切り返しで相手選手のスライディングタックルをかわし、左足でゴールに流し込んだ。

 今季初のアシストに2試合ぶりとなる今季2ゴール目。ブンデスリーガ公式サイトは「決定的な仕事でチームを3連勝に導いた。先制点をアシストし、自ら2点目を決めた。1対1の勝率も73%と、攻撃の選手としては際立った数字を残した」と評価した。

 清武はこれにより、直接FKを決めた前々節・ドルトムント戦(1-0)、FKから決勝点を演出した前節・フランクフルト戦(1-0)に続き、3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング