[Fリーグ]神戸に完封勝利の大分が首位に立つ

ゲキサカ / 2014年11月8日 12時1分

[11.2 Fリーグ2014/15第18節 神戸0-2大分 グリーンアリーナ神戸]

 Fリーグは2日に第18節を各地で行い、デウソン神戸とバサジィ大分が対戦した。試合は大分が2-0で完封勝利を収めて2連勝、逆に神戸は3連敗となっている。

 前節、FP小曽戸允哉、FP仁部屋和弘と飛車角抜きで大阪に勝利した大分は、前半6分に仁部屋のゴールで1点を先制する。後半に入っても、3分にFP森村孝志のゴールで2-0と神戸を引き離した。

 終盤に神戸もFP渡井博之をゴレイロにパワープレーを開始したが、大分は古巣対戦となったGK村山竜三を中心に、神戸をシャットアウト。完封勝利で勝ち点3を上積みし、名古屋をかわして首位に浮上した。

デウソン神戸 0-2(前半0-1) バサジィ大分
ヴォスクオーレ仙台 2-2(前半2-0) ペスカドーラ町田
<得点者>
[神]なし
[大]仁部屋和弘(6分)、森村孝志(23分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング