スアレスが2アシストで逆転劇演出…バルサは3戦ぶり白星

ゲキサカ / 2014年11月9日 5時12分

スアレスが2アシストで逆転劇演出…バルサは3戦ぶり白星

[11.8 リーガ・エスパニョーラ第11節 アルメニア1-2バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラは8日、第11節を行い、2連敗中の4位バルセロナが14位のアルメニアのホームに乗り込んだ。前半に先制を許したバルセロナだが後半28分にFWネイマールの得点で同点に追い付くと、同37分にDFジョルディ・アルバの勝ち越しゴールが生まれて2-1の逆転勝利を収めた。

 ネイマール、FWルイス・スアレス、DFダニエウ・アウベスらをベンチスタートさせたバルセロナは、序盤こそ主導権を握りながらも、徐々にアルメニアに好機を作られてゴールを脅かされ始める。しかし、粘り強い守備と相手のシュートミスで何とか失点を免れる。

 前半29分にはFWムニル・エル・ハダディのクロスからMFイバン・ラキティッチが放ったヘッドはGKルベンに防がれたものの、その流れからFWリオネル・メッシが押し込もうとする。しかし、背番号10のヘディングシュートはクロスバーに阻まれて先制点を奪うには至らなかった。

 すると前半37分、アルメニアに先制点を許してしまう。ゴール前で何とか状況を打開しようとしたメッシがボールを奪われると、カウンターを浴びる。MFフェルナンド・ソリアーノのスルーパス一発でFWティエビ・ビフマに抜け出されると、左足でネットを揺らされた。

 3連敗を避けたいバルセロナのルイス・エンリケ監督は、後半からネイマールとスアレスの2枚を投入して反撃を試みる。しかし、後半16分にCKの流れからスアレスが放った強烈なジャンピングボレーはクロスバーを叩いた。同点に追い付けずに時計の針が進むと同22分、最後の交代カードとなるMFシャビ・エルナンデスをピッチに送り込んで何とかゴールをこじ開けようとする。

 すると後半28分、メッシの縦パスをPA内で受けたスアレスが鋭いターンからグラウンダーのクロスを送ると、ゴール中央で待ち構えるネイマールがシュート。ボールはDFチモ・ナバーロに当たりながらもゴールに吸い込まれ、ついにバルセロナが試合を振り出しに戻した。

 さらに後半34分にはスアレスからの浮き球のパスをメッシがヘディングで狙うも、またもやクロスバーに直撃して勝ち越しゴールを奪えない。しかし同37分、右サイドからスアレスが送ったクロスをJ・アルバが押し込んで逆転に成功した。

 このまま逃げ切ったバルセロナが苦しみながらも2-1の逆転勝利を収め、リーグ戦3試合ぶりの白星を獲得した。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング