[選手権予選]劣勢耐えた松山北が村上正決勝ゴールで5年ぶりV!:愛媛

ゲキサカ / 2014年11月9日 7時1分

[選手権予選]劣勢耐えた松山北が村上正決勝ゴールで5年ぶりV!:愛媛

 第93回全国高校サッカー選手権愛媛県予選は8日、ニンジニアスタジアムで決勝を行った。松山北高と済美高との戦いとなった決勝は松山北が1-0で勝利。5年ぶり4回目の全国大会出場を決めた。

 前半は済美が立て続けに決定機をつくったが、CB上東嵩史とCB夏井雄太、GK原田優太中心に守った松山北はMF藤岡将平の展開力を活かして反撃する。そして、前半のシュート数1対8という劣勢を耐えた松山北は後半3分、FW田中宏武が左サイドのスペースへスルーパス。DFがスライディングでクリアしようとしたところをMF村上正憲が足に引っ掛けると、そのまま独走して右足シュートを流し込んだ。この1点が決勝点となり、松山北が夏の総体に続く全国大会出場を決めた。

※マッチレポートは後日掲載予定▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014
 
 

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング