[選手権予選]全5試合無失点の堅守、広島皆実が連覇王手:広島

ゲキサカ / 2014年11月10日 9時51分

[選手権予選]全5試合無失点の堅守、広島皆実が連覇王手:広島

[11.9 全国高校選手権広島県予選準決勝 広島皆実高 3-0 山陽高 広島広域公園第一球技場]

 第93回全国高校サッカー選手権広島県予選準決勝が9日に行われ、今年の全国高校総体ベスト8の広島皆実高は、3-0で山陽高に勝利。広島皆実は16日の決勝で如水館高と戦う。

 未明からの雨の影響で、ピッチのほとんどのエリアでボールスピードが上がる一方、水が溜まっているバックスタンド側だけはボールが不意に止まる難しいコンディション。それでも河江俊明監督が「今日に限らず、どんな状況でも、やるべきことをやり切ろうと選手たちには伝えてある」と語る広島皆実が、今年度のプリンスリーグ中国での2度の対戦で6-0、4-0と大勝している山陽を相手に、この日も終始主導権を握って勝ち切った。
 
 ただ、先制点を奪うまでには時間を要した。立ち上がりからボール支配率で圧倒し、MF横路翔太(3年)、FW梶原亮(3年)、俵脩造(3年)などがパスワークやドリブル突破、サイド攻撃などの多彩な攻めでゴールを目指すものの、フィニッシュにかかるところでのミスまって、キャプテンのDF松本彪雅(3年)を中心にした山陽の粘り強い守りを崩せず、ネットを揺らすことができない。逆に31分にはセットプレーから、あわや先制されるかというピンチもあった。

 0-0で折り返した後半も、序盤の5分に大きなピンチがあったが、GK竹内雄飛の好プレーでしのぐと、直後の8分、ついに均衡を破る。ゴール正面、30m近い距離からのFKを、FW梶原が直接シュート。インステップで蹴り出されたボールは、無回転で揺れながら左下隅を突いてネットを揺らした。河江監督も「見たことがない」と驚いた一撃だった。
 
 その後は山陽も、FW田村瑛次(3年)の突破力や、高樋陽介(3年)の高さを活かして反撃に転じるが、広島皆実は冷静にしのぐと、18分にこぼれ球を拾った俵が、山陽GK中村玲也(3年)をかわし、左足で蹴り込んで2点目。終了間際の後半アディショナルタイムには、交代出場の村上新聖(3年)がカウンターからドリブルで攻め込み、そのまま蹴り込んで、ダメ押しの3点目を奪った。
 
 結局、終わってみれば3-0の快勝。2次リーグからの5試合をすべて無失点という堅守で決勝まで勝ち上がったことを、河江監督も「守備陣が頑張ってくれている。無失点できていることが、点が取れていることよりも、いいことじゃないかと思う」と評価している。V候補筆頭と目された中で実力を遺憾なく発揮し、高校総体に続く全国切符、2年連続11回目の選手権出場に王手を懸けた。

[写真]広島皆実が後半の3ゴールで決勝進出

(取材・文 石倉利英)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014
 

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング