[選手権予選]束になった守りで済美完封、松山北CB上東「全国へ向けていいステップアップができた」

ゲキサカ / 2014年11月10日 19時6分

[選手権予選]束になった守りで済美完封、松山北CB上東「全国へ向けていいステップアップができた」

[11.8 全国高校選手権愛媛県予選決勝 松山北高 1-0 済美高 ニンスタ]

 松山北高の勝因はGKを含めた守備陣の堅い守りだった。決勝点を決めたMF村上正憲(3年)は「DFが『無失点で行く』と試合前から言っていて、それを信じて。実際に後ろのメンバーのプレーは本当に素晴らしかったですし、勝つことができたのは彼らの守備があったからこそ。やられる気はしなかったです」と絶賛し、MF藤岡将平(3年)も「バックラインに(CBの)上東と(GK)原田がいるので、そこはインターハイ通してずっと戦ってきた仲間たち。原田で決められたらというところもありますし」と後方の守りに対する信頼を口にしていた。

 ドリブル、1タッチパスで局面を打開してくる済美高の攻撃の前に何度も破綻しかけた。ただ最後まで諦めずにボールを追い、足を伸ばしたDF陣たちの奮闘が済美のシュートを狂わせてゴールから遠ざけた。特に再三仕掛けられる中でCB夏井雄太主将(2年)とゲーム主将のCB上東嵩史(3年)が集中力を切らすことなく、相手アタッカーに食らいついていたシーンが印象的。切り替え速い守備を見せていた左SB栗田響(1年)と右SB立花太我(2年)含めた4バックについてはコーチングを武器とするGK原田優太(3年)も「相手が結構個人技でどんどん攻めてきている中で一人ひとり束になって守って、シュートもコース切ってくれて自分の取りやすいようにDFが守ってくれた。みんなに感謝したいです。ボクも信頼している4バックです」と称賛していた。

 ここまでセットプレーでの失点が多かったと言う松山北が県内トップの攻撃力を誇る済美を無失点に抑えて全国切符を掴んだ。味方の心に響くようなプレーを目指しているという上東は「(相手が)縦に来るってスカウティングしていた。1人が行ってそのあとを意識していた。相手が個人で来ていたので自分たちはチーム力で。済美相手の無失点は全国へ向けていステップアップができたと思う」。会心の表情で1-0勝利を喜んでいた。

[写真]上東(左から3人目)、原田(同2人目)を中心とした堅守で優勝を勝ち取った松山北イレブン

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング