[選手権予選]35年ぶりV懸けた前原と、24年ぶりV狙う西原との決勝に:沖縄

ゲキサカ / 2014年11月11日 22時10分

 第93回全国高校サッカー選手権沖縄県予選は8日、西原町民陸上競技場で準決勝を行い、前原高と西原高が決勝進出を果たした。

 読谷高と対戦した前原は1-2の後半38分にFW瑞慶山史知が同点ゴール。さらに延長後半にFW田里駿が決勝点を奪って3-2で逆転勝ちした。

 西原は豊見城高に2-0から追いつかれたものの、MF石川涼太のゴールで勝ち越すと、交代出場のMF川満拳也が2点を加えて5-2で勝っている。

 前原が勝てば79年度以来35年ぶり、西原が勝てば90年度以来24年ぶりの優勝となる決勝戦は15日に開催される。

【沖縄】
[準決勝]
前原高 3-2(延長)読谷高
豊見城高 2-5 西原高▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング