代表離脱の小林、左膝内側側副靭帯損傷で全治3~4週間…今季絶望か

ゲキサカ / 2014年11月13日 18時16分

代表離脱の小林、左膝内側側副靭帯損傷で全治3~4週間…今季絶望か

[故障者情報]

 川崎フロンターレは13日、FW小林悠が川崎市内の病院で精密検査を行った結果、左膝内側側副靭帯損傷と診断されたと発表した。全治まで約3~4週間程度を要する見込み。

 小林は10日から日本代表に合流していたが、11日の練習中に負傷。一夜明けた12日朝に豊田市内の病院で検査を受け、チームを離脱することが決まっていた。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング