[なでしこ]浦和の優勝は最終節に持ち越し…猶本が負傷交代

ゲキサカ / 2014年11月17日 17時23分

[なでしこ]浦和の優勝は最終節に持ち越し…猶本が負傷交代

 なでしこリーグのエキサイティング上位リーグは16日、第9節を行った。勝てば自力優勝を決めることが出来た浦和レッズレディースは敵地でINAC神戸と対戦。しかしMF猶本光が前半26分で負傷交代するなど苦しみ、0-0で引き分けた。

 この結果、優勝は2位日テレ・ベレーザの結果次第となったが、ジェフユナイテッド千葉レディースとホームで対戦した日テレは、後半27分にMF隅田凜が直接FKを決めて、1-0で勝利。これにより、優勝争いは勝ち点3差で最終節に向かうことになった。ただ得失点差が「8」開いていることから、浦和の有利は変わらない。

 レギュラーシーズンを制した岡山湯郷ベルだが、浦和が勝利したことで、優勝の可能性は消滅。試合も敵地でアルビレックス新潟レディースに1-5で大敗した。

 最終節は祝日の24日月曜日、浦和はホームで新潟と、日テレは敵地で岡山湯郷と対戦する。

▼関連リンク
なでしこリーグ2014 特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング