初の豪州戦に臨む森重「アジアの頂点にい続けないといけない」

ゲキサカ / 2014年11月17日 22時39分

初の豪州戦に臨む森重「アジアの頂点にい続けないといけない」

 アジア杯決勝、ブラジルW杯アジア最終予選などザックジャパン時代には4度も対戦したオーストラリアだが、日本代表DF森重真人(F東京)にとっては初対戦となる。

「(アジアでは)日本と韓国、オーストラリアが常にトップ3に入る。自分たちはその頂点にい続けないといけない。それを証明するために明日とアジア杯がある。結果を求めたい」

 アギーレジャパンでは唯一、これまでの5試合すべてに先発している森重。9月の代表戦2試合は中盤のアンカーを務めたが、最近3試合はいずれもセンターバックでフル出場している。

 ハビエル・アギーレ監督も「森重はセンターバックの右も左もできるし、その前の中盤の中央、ボランチもできると思っている」と、そのポリバレントな能力を高く評価しているが、この日の会見ではアンカーのポジションについて「今野、長谷部、田口は3人ともそのポジションでできるので、森重をあえてそこで使う場面は減ってくると思う」と言及。当面はセンターバックとして起用していく考えを明らかにした。

「細かい距離感などは試合をやっていけば良くなると思う。ある程度うまくいったところと、ここはもう少し試したいという課題がハッキリすればいいのかなと思う」。森重はオーストラリアという実力のあるチームだからこそ、収穫と課題の両面が浮き彫りになると予想。そのうえでアジア杯前に課題が出ることを歓迎した。

「すべて課題が解決するというより、何個か課題を持ったまま大会に入ると思う。大会の中で成長しながら勝ち進めれば。大会を通じて、一番は結果を求めて、チームとして成長しながら1試合1試合できればと思う」。チームを完成形に近づけながら、アジアの頂点に立つ。森重はそんな青写真を描いている。

(取材・文 西山紘平)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング