[選手権]メンバーのほとんどが全国初挑戦も…昨年度4強四中工撃破を勇気に「山商」は快進撃誓う

ゲキサカ / 2014年11月20日 12時17分

[選手権]メンバーのほとんどが全国初挑戦も…昨年度4強四中工撃破を勇気に「山商」は快進撃誓う

 三重県内では昨年度の全国4強で、U-17日本代表FW小林颯ら多くのタレントを擁する四日市中央工高が、今年度も大本命とみられていた。宇治山田商高はその四中工を決勝で下し、全国初出場を決めた。

 地元では「山商」と呼ばれ親しまれている。運動部が強く、特に陸上部や野球部は全国区だ。アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきや、プロ野球巨人の中井大介内野手らを輩出している。しかしサッカー部は四日市など北勢部の高校の後塵を拝し、県内でもなかなか結果を残すことが出来なかった。

 転機は今春の新人戦。壁だった8強を越えて、ベスト4まで勝ち進んだ。下村啓太主将(3年)は「今年は行けるんじゃないかという気持ちになって、インターハイ予選でもベスト4。選手権は優勝するぞという思いで臨んでいました」。

 迎えた選手権予選。初戦の四日市工戦の前半2点ビハインドを逆転勝ちすると、勢いに乗ったチームは決勝まで進出。決勝では「僕らが入学してから1点も取ったことがなかった。引き分けですら1回だけだった」と話す絶対王者から3得点を奪い、番狂わせを演じてみせた。

 メンバーは昨年からのレギュラー5、6人が残る3年生が中心。ただ全国大会の経験は、「1つ下のMF結城海太が中学校の時に中体連の大会で全国大会に出ている」のみで、他の選手らは全国大会初体験となる。しかし四中工を下して全国行きを決めたという自信は、全国で戦う上でこれ以上ない勇気になっている。「飛び抜けて上手い選手はいないのですが、全員が連動して、素早い攻撃を仕掛ける、堅守速攻を心がけています。山商らしさを出して一戦一戦を大事に戦って、最後には優勝したい」と快進撃を誓った下村主将。ダークホースでは終わらない。山商は虎視眈々と上位を狙う。

 宇治山田商は1月2日の2回戦から登場。相模原ギオンスタジアムで開志学園JSC(新潟)と対戦する。

(取材・文 児玉幸洋)
「夢の選手権」への切符をかけて、各地で続く全国を賭けた熱い戦い!
熾烈な戦いとなるのが、地区予選。 北は北海道から南は九州・沖縄まで…
日テレG+では、47都道府県の決勝戦を全て放送。
※↑別サイトへ移動します
▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング