左SBで先発の太田「なかなかクロスまで行けなかった」

ゲキサカ / 2014年11月19日 0時58分

左SBで先発の太田「なかなかクロスまで行けなかった」

[11.18 キリンチャレンジ杯 日本2-1オーストラリア ヤンマー]

 わずかにタイミングが合わなかった。左SBで2試合ぶりに先発したDF太田宏介(F東京)。前半16分、左サイドからピンポイントのアーリークロスを送ると、FW武藤嘉紀のヘディングシュートがクロスバーを叩いたが、武藤の位置がわずかにオフサイドだった。

 クロスが持ち味の太田だが、見せ場らしい見せ場はこれぐらい。「なかなかいいタイミングでクロスまで行けなかった」と反省が口をつく。前半はオーストラリアの高い位置からのプレッシャーに押され、劣勢の展開。逆に日本のプレスがハマらず、SBとしてもオーバーラップのタイミングが難しかった。

 前半途中からは4-2-3-1にシステムを変更。「相手に合わせて臨機応変にやるのもサッカー。それを表現できたことはポジティブだし、修正できたのはよかった」。結果にこだわったアジア杯前哨戦。「勝利で終えられたのはうれしいけど、積極的な守備や攻撃参加ができればよかった」と悔やんでいた。

(取材・文 西山紘平)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング