ラスト2節で残留圏まで勝ち点差3…大宮DF今井「僕らは勝つしかない」

ゲキサカ / 2014年11月22日 20時37分

[11.22 J1第32節 大宮1-2柏 NACK]

 大宮アルディージャの試合の入りは決して悪くなかった。この日最初の決定機は、大宮の右サイド、DF今井智基とMF家長昭博がパス交換から突破し、家長のクロスからMF橋本晃司が放ったシュートだった。

 しかし、先制点を奪ったのは柏レイソル。CKを一度はクリアするも、セカンドボールを拾えず、柏に自陣から組み立て直されると、ボールは最後尾のMF大谷秀和から左サイドのDF橋本和へ。ゆっくりとビルドアップするかと思われた瞬間、橋本和は縦へのスイッチを入れる。MF太田徹郎へのスルーパスが通ると、GKとの1対1を制され、やすやすとゴールを許した。「こっちが陣形を整える前にやられてしまった」と今井は振り返る。セットプレーの流れからポジションが入れ替わっていたため、橋本にプレッシャーをかけるべきポジションにいたのはFWムルジャ。橋本和は余裕をもってプレーすることができていた。「僕ももうちょっと首を振ったすればよかったんですけど」。一瞬の隙をうまく突かれ、太田に背後をとられてしまった。

 それでも、「ボールを持ていましたし、自分たちのペースで試合を進められていた」という前半のうちに、同点に追いつく。逆転の機運も高まってハーフタイムを終えたが、後半開始4分に勝ち越し点を与えると、その後は一方的な柏ペースに。後半のシュートはわずか1本に抑えられた。「相手のシャドーが落ちてきて、ギャップを突かれることが多くなって。耐えられれずに失点してしまった。取り返す時間はあったし、自分たちでボールを保持して取り返せればよかったんですけど、難しい展開になった」。

「残留に向けて2連勝しかないと思ってます。僕らは勝つしかない」。次節、敵地での名古屋戦に向けて、今井は気持ちを切り替えていた。

(取材・文 奥山典幸)
▼関連リンク
[J1]第32節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング