C・ロナウド2発で早くも20点目…レアルは9連勝で首位快走

ゲキサカ / 2014年11月23日 3時53分

C・ロナウド2発で早くも20点目…レアルは9連勝で首位快走

[11.22 リーガ・エスパニョーラ第12節 エイバル0-4R・マドリー]

 リーガ・エスパニョーラは22日、第12節を行い、8連勝中で首位に立つレアル・マドリーがクラブ史上初の1部昇格を果たして11位につけるエイバルのホームに乗り込んだ。前半に2点をリードしたレアルが、後半にも2点を加点して4-0の完封勝利を収めて9連勝を飾った。

 前半16分にFWガレス・ベイルの強烈な直接FKでゴールを脅かしながらも、GKシャビ・イルレタの好セーブに阻まれたレアルだったが同23分に試合を動かす。DFダニエル・カルバハルのパスを右サイドで受けたFWクリスティアーノ・ロナウドが鮮やかなワンタッチで相手DFをかわしてゴール中央へパス。FWカリム・ベンゼマのシュートはジャストミートしなかったが、こぼれ球に反応したC・ロナウドの浮き球のパスをMFハメス・ロドリゲスがヘディングで押し込んで先制に成功した。

 前半31分にはカウンターからMFサウル・ベルホンに決定機を作られながらも、GKイケル・カシージャスのファインセーブでしのいだレアルは同43分に追加点を奪う。右サイドを突破したカルバハルの折り返しをC・ロナウドが右足で合わせて、スコアを2-0とした。

 後半9分にFKからフリーになったDFセルヒオ・ラモスがヘディングシュートで狙うもイルレタにセーブされ、同19分にはC・ロナウドのパスからMFイスコがシュートを放ったが枠を捉えられないなど、後半に入るとなかなか追加点を奪えない。逆にエイバルにゴールを脅かされる場面を作られながらも、体を張った守備で得点を許さなかった。

 すると後半24分、C・ロナウドのスルーパスから抜け出したDFマルセロが粘ってボールをつなぐと、J・ロドリゲスのパスをベンゼマが蹴り込んでレアルがリードを3点差に広げる。さらに同38分にはC・ロナウドがPKをきっちり沈めて4-0。この日2得点のC・ロナウドはリーグ戦出場11試合全てでゴールを記録し、今季のゴール数を早くも20に伸ばした。

 その後スコアは動かず、首位のレアルが4-0でエイバルを退けた。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング