浦和FW李、PK獲得も「サッカーの神様が微笑まなかった」

ゲキサカ / 2014年11月29日 18時19分

浦和FW李、PK獲得も「サッカーの神様が微笑まなかった」

[11.29 J1第33節 鳥栖1-1浦和 ベアスタ]

 唯一の得点につながるPKを獲得した。しかし、自らに得点は生まれなかった。浦和レッズFW李忠成は序盤から鳥栖ゴールを脅かし続けたが、前半33分に後方からのボールに一気に抜け出して独走して放ったシュートは枠を捉え切れず。後半開始直後の好機でも、シュートは枠を大きく外してしまった。

 しかし後半22分、最終ラインのボールから抜け出すと、PA内でDF菊地直哉のファウルを誘ってPKを獲得。さらに菊地を退場に追い込んだ。「点は取れませんでしたが、PKを獲得して相手を退場に追い込むプレーもできました」と振り返った李だったが、「でも、1-0で勝てるチャンスを自分たちで最後逃してしまった」と肩を落とした。

 1-0とリードしたまま迎えた、後半アディショナルタイム。残り時間を考えればラストプレーかというCKから失点し、同点に追い付かれてしまう。「自分たちが勝てば、最終節に勝てば決まりだったから。守備をしっかりして1点を取って、プラン通りの試合内容だったと思うけど、サッカーの神様が最後、自分たちに微笑まなかったのかなと思う」。

 ホームで行われる最終節名古屋戦では引き分けでも首位に立つ可能性はあるが、勝利を収めて勝ち点3を上積みすることが目指すべきものとなる。だからこそ、李もやることははっきりしていると語った。「勝つしかないとしか言えない。それしか考えられない。次に勝って、奇跡を待つのみです」と最終節への意気込みを示した。

(取材・文 折戸岳彦)▼関連リンク
[J1]第33節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング