[プレミアリーグEAST]昇格1年目、柏U-18の優勝が決定!

ゲキサカ / 2014年11月30日 18時27分

[プレミアリーグEAST]昇格1年目、柏U-18の優勝が決定!

[11.30 プレミアリーグEAST 柏U-18 0-0 青森山田高 柏]

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグEASTは30日、第17節を行った。首位の柏レイソルU-18(千葉)は6位青森山田高(青森)と対戦。試合は0-0のスコアレスで終わったが、他会場で2位の清水エスパルスユースが敗れたため、昇格1年目の柏の優勝が決定した。

 会場はトップチームと同じ日立柏サッカー場が使われ、メインスタンドは多くの観客で埋まった。青森山田のMF野口雄輝のシュートで幕を開けた一戦、4-1-2-3で臨む柏は、丁寧にボールをつないで青森山田守備網の穴を狙う。センターバックのMF中山雄太がロングフィードで右SBのDF加藤颯人へ正確なボールを通すも、チャンスには結びつけず時計の針が進んでいく。

 対する青森山田は4-2-1-3。柏の3トップにしっかりとマークをして危険なエリアへボールが入ると厳しくプレッシャーをかけて自由を奪った。最初の決定機は青森山田のセットプレーから。左サイドで得た野口のFKは弧を描きながら柏ゴールに迫ったが、ゴールポストに嫌われて得点とはならなかった。再び訪れた決定機も青森山田。37分、敵陣でマイボールにしたFW木戸隆生がPA内でマイナスのボールを入れると、フリーで待っていた野口がシュートを放つが、ボールはゴールマウスを捉えることができなかった。

 前半終盤、柏は左サイドから立て続けにチャンスメイク。41分、FW会津雄生とのパスワークで左サイドを突破したDF古賀太陽のパスをDF麦倉捺木が右足で捉えたが、シュートはゴール右へと逸れてしまう。その2分後には、左サイドに飛び出したアンカーのMF手塚康平の折り返しに、熊川がシュートを放ったがゴールマウスを大きく越えていった。

 スコアレスで折り返した後半立ち上がり、数選手が連動して攻める柏が主導権を握るが、ゴールは遠い。一方の青森山田は左WG丹代藍人がカットインから右足で振り抜いたが、GK木村真の好セーブにしのがれた。

 トップチームデビューもはたしているFW大島康樹にボールがおさまりはじめた柏は、ダイレクトパスを駆使して青森山田ゴールに迫るも得点ならず。次々と交代のカードを切って打開策を計ったが、青森山田が我慢して攻撃を跳ね返す。それでも後半アディショナルタイム2分、途中出場のMF山本健司がドリブルで切り裂き、PA内まで持ち込んでシュートを狙ったが、ボールはゴールポストに弾かれてしまう。

 結局、得点が動くことなく、試合はスコアレスドローで終戦。勝ち点を1ずつ重ねた両チーム、青森山田は勝ち点を21にのばしたが順位に変動はなかった。1位を確定させた柏は、12月14日に開催される高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 チャンピオンシップへの出場権を獲得、プレミアリーグWESTの王者と激突する。

(取材・文 奥山典幸)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング