最下位転落のドルトムント、クロップ「運が悪かった」

ゲキサカ / 2014年12月1日 18時10分

最下位転落のドルトムント、クロップ「運が悪かった」

[11.30 ブンデスリーガ第13節 フランクフルト2-0ドルトムント]

 30日に行われたブンデスリーガ第13節でフランクフルトと対戦し、0-2で敗れて最下位に転落したドルトムントのユルゲン・クロップ監督は「すべてを出し切ったが、運が悪かった」と頭を抱えた。

 前半5分に早々と先制点を献上したドルトムント。指揮官はこの先制点が悪い影響を与えたと話している。ブンデスリーガ公式ウェブサイトによると、クロップ監督は「ウチは高いモチベーションで臨んだが、早い時間の失点は痛かった。選手は硬くなり、チャンスを利用できなかった」とコメントしている。

 さらに後半33分に追加点を奪われ、ドルトムントには最後までゴールが生まれることなく0-2の完封負けを喫した。「何度も得点機があったが、相手GKは素晴らしいセーブを見せた。すべてを出し切ったが、運が悪かった」と敗戦を受け入れるしかなかった。

 最下位に転落したクロップ監督は「フランクフルト戦で勝って、立ち位置をポジティブなものに変えたかったが叶わなかった」と話しながらも、「この状況から抜け出すのが、我々の挑戦でもある。先へ向かっていき、状況を打開しなくてはならない」と視線を上に向けた。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング