ユーベはダービー劇的勝利、ローマも長友欠場インテルに競り勝つ

ゲキサカ / 2014年12月1日 14時20分

ユーベはダービー劇的勝利、ローマも長友欠場インテルに競り勝つ

 セリエA第13節が11月30日に各地で行われた。首位ユベントスは、トリノとダービーマッチを戦い、2-1で勝利した。前半15分にMFアルトゥーロ・ビダルのPKで先制したユベントスは、同22分にDFブルーノ・ペレスにゴールを許し、同点とされる。さらに後半33分にはDFステファン・リヒトシュタイナーが2枚目のイエローカードで退場してしまうが、迎えた後半アディショナルタイム、MFアンドレア・ピルロがミドルシュートを蹴り込み、劇的勝利を飾った。ユベントスは4連勝を決め、ホーム戦の連勝は25まで伸びている。

 2位のローマはホームでDF長友佑都の所属するインテルと対戦。前半21分にFWジェルビーニョのゴールでローマが先制すると、同39分にCKをDFアンドレア・ラノッキアが合わせて、インテルが同点に追いつく。後半2分にはDFヨゼ・ホレバスでローマが勝ち越しに成功するが、インテルも同12分にFWパブロ・オスバルドの得点で同点に追いつき、一進一退の攻防が続いた。

 しかし後半15分、ゴール前の混戦をMFミラレム・ピャニッチが押し込み、再びローマが勝ち越しに成功すると、終了間際にはピャニッチが直接FKを蹴り込み、ダメを押した。なお、長友は11月27日のELドニエプル戦で右肩を脱臼した影響で、遠征メンバーから外れていた。

 その他では敵地でチェゼーナに3-0で快勝したジェノアが勝ち点を23に伸ばして暫定3位に浮上。フィオレンティーナはMFマティアス・フェルナンデスの2ゴールなどで、敵地でカリアリに4-0と大勝している。

 12月1日には残り1試合、サンプドリア対ナポリの上位対決を行う。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
セリエA2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング