[Fリーグ]町田の守護神イゴールが骨折で3か月の離脱

ゲキサカ / 2014年12月1日 17時38分

[Fリーグ]町田の守護神イゴールが骨折で3か月の離脱

 Fリーグのペスカドーラ町田に所属するGKイゴールは、11月30日に行われたFリーグ第23節の北海道戦(1-0)で負傷した。クラブは、イゴールが左小指基節骨骨折であり、全治3か月と発表している。

 自身のTwitterでイゴールは、「昨日の試合勝ちました。前半はいいプレーがでて、いっぱいゴールのチャンスありました。でも私たちは決めれなかった。でも後半はオフェンスよくないけど、ディフェンス全員すごかった。皆さんおうえん本当にありがとうございました」(原文ママ)と、サポーターに感謝を綴った。

 さらに、次のツイートで自身のケガについて触れ「試合の最後に、私の左指はこっせつです。だから3ヶ月ぐらい休みです。昨日私はとてもかなしかった。あまりねれなかったです。でも今日からあたまきりかえて、なるべくはやくなおるようにがんばります」(原文ママ)と、早期復帰を誓っている。

 町田は第23節を終えて、リーグ最少の39失点の強固な守備をベースに、プレーオフ出場圏内の4位につけている。絶対的な守護神が不在となる中で、現在の順位を保てるかチームの総合力が問われる。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング