最下位転落も辞任否定のクロップ「ドルトムントを辞めない」

ゲキサカ / 2014年12月1日 18時11分

最下位転落も辞任否定のクロップ「ドルトムントを辞めない」

 30日に行われたブンデスリーガ第13節でフランクフルトと対戦し、0-2で敗れて最下位に転落したドルトムントのユルゲン・クロップ監督は辞任はないとしながらも、現状の責任は自らにあると話している。

 スカイスポーツによるとクロップは、「ジャーナリストの皆さんが、私がドルトムントを辞めるのではないかと考えるのは理解できるが、そのようなことは現実的には起こらない」と語ると、「もし現状の問題が運にあり、監督を交代して解決するような問題であれば、私は進んで辞めようと思う。しかし、現実はそこまで単純ではない。自分より優れた人物が来て、『君より良い仕事ができる人物がいる』と言われない限り、私が辞めることはない」と続投の意思を示した。

 2018年までドルトムントとの契約が残っている指揮官は、「責任は私にあり、それを受け入れるつもりだ」と自らの仕事を全うし、今後の巻き返しに尽力することを誓った。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング