マンU1年ぶり4連勝も…ルーニーは精密検査へ

ゲキサカ / 2014年12月3日 11時0分

マンU1年ぶり4連勝も…ルーニーは精密検査へ

[12.2 プレミアリーグ第14節 マンチェスター・U2-1ストーク・シティ]

 マンチェスター・ユナイテッドは2日、ホームでストーク・シティと対戦し、2-1で勝利した。前半21分にMFマルアン・フェライニのヘディング弾で先制したユナイテッドは、同39分に同点弾を浴びるが、後半14分、MFマタが直接FKを蹴り込んだ。競り勝ったユナイテッドは、昨年12月以来、1年ぶりの4連勝を記録。4位をキープした。

 しかしこの日欠場したFWウェイン・ルーニーの状態が気になる。ルーニーは11月29日のハル・シティ戦でひざを負傷。ストーク戦はベンチに入ることも出来なかった。

 ルイス・ファン・ハール監督は試合後、『スカイ』に対し、ルーニーの状態を説明。「ひざの怪我だ。深刻ではないと思うが、私は医者ではない。水曜日に行う精密検査の結果を待たないといけない。それで分かるはずだが、深刻でないことを祈っている」。また同じく欠場したMFアンヘル・ディ・マリアについても「それほど深刻ではないが、8日のサウサンプトン戦はプレーしないと思う」と話した。

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング