[国内杯]川島が公式戦10試合ぶり先発&小野が絶妙アシストも…スタンダールは4失点完敗で2回戦敗退

ゲキサカ / 2014年12月4日 6時28分

[12.3 ベルギー国内杯2回戦 スタンダール・リエージュ1-4ロケレン]

 ベルギー国内杯は3日、各地で2回戦を行った。GK川島永嗣とFW小野裕二の所属するスタンダール・リエージュはホームでロケレンと対戦し、1-4で敗れた。川島は公式戦10試合ぶりの先発出場。小野も左MFで先発出場し、後半18分には同点ゴールをアシストしたが、同21分の交代直後にチームは勝ち越しを許し、勝利に結びつかなかった。

 前半15分に先制点を許してしまったスタンダールは、相手陣内深くまで攻め込むもラストパスで精度を欠き、なかなか同点ゴールを奪えない。同42分にはFKからDFローラン・シマンのヘディングシュートが枠を捉えたがGKの正面に行ってしまい、0-1で前半を折り返した。

 後半開始から反撃に出たスタンダールは果敢にシュートを放ち、相手ゴールに迫ると、同18分、FKの流れから小野が絶妙スルーパス。これに反応したMFアドリアン・トレベルがPA左から左足でゴール右隅に流し込み、試合を振り出しに戻した。

 しかし、小野が交代した直後の後半21分、MFアヤンダ・パトシの強烈ミドルシュートがクロスバーに当たって、ゴールに吸い込まれ、1-2と再び追う展開に。さらに同33分、45分とロケレンに追加点を許したスタンダールは1-4で敗れ、2回戦敗退が決定した。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング