岡山DF西原誉志が今季限りで現役を引退

ゲキサカ / 2014年12月4日 17時24分

 ファジアーノ岡山は4日、DF西原誉志が今季限りで現役を引退すると発表した。今季はJFLのファジアーノ岡山ネクストでプレーしていた。

 クラブを通じて西原は、「プロサッカー選手生活に終止符を打ち、現役を引退する決断を致しました。ファジアーノ岡山が、未熟者のサッカー小僧をJリーガーにしてくれてからの6年間。私のプロとしてのこだわりは、このクラブでJリーグに出場し続けること、ただそれだけでした。ですが、来シーズン以降、そのこだわりに達することが出来ないと判断し、今回の決断に至りました」と、引退の経緯を説明。

「6年間応援していただきましたファン、サポーターの皆様。花が咲かない、芽のままだった自分のことを信じて、水を与え続けてくださったこと、絶対に忘れません。この恩は、サッカーを通じて必ず返し、これから始まる第2の人生で絶対に花を咲かせ、皆様にお見せしたいと思います。これからも、100年続くDNAのために、ファジアーノ岡山の応援をよろしくお願い致します」と、感謝の言葉を述べた。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング