岡山がGK真子の現役引退と育成コーチ就任を発表

ゲキサカ / 2014年12月5日 17時51分

 ファジアーノ岡山は5日、GK真子秀徳が現役を引退し、来季より育成コーチに就任することを発表した。

 今シーズン、J2リーグ戦で3試合に出場した真子は、クラブを通じて「 今シーズンを限りで、引退することにいたしました。ファジアーノ岡山がJリーグに昇格した2009年に加入し、チームが成長していく中に自分がいられたことを嬉しく思います。ファン、サポーター、クラブスタッフの皆さん、そして家族のおかげで、これまで選手生活を続けてこられました。今後は、ファジアーノ岡山育成コーチとして、一人でも多くのプロ選手を輩出していけるよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします。6年間、本当にありがとうございました」と、コメントを発表している。

 以下、プロフィール
●真子 秀徳
(まご ひでのり)
■ポジション
GK
■生年月日
1982年8月3日
■身長/体重
182cm/71kg
■出身地
福岡県
■経歴
東福岡高→福岡教育大→佐川急便大阪SC→SAGAWA SHIGA FC→岡山

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング