サポーターの声援に涙…DF菊地「上位争いができるようなチームになってJ1に」

ゲキサカ / 2014年12月6日 20時24分

[12.6 J1第34節 大宮 2-0 C大阪 NACK]

 結末は残酷だった。降格圏の16位で迎えた大宮アルディージャの最終節。残された道は「大宮の勝利、かつ清水の敗戦」のみ。大宮はまずは目の前のセレッソ大阪に勝利し、あとは甲府が清水に勝利することを祈るしかなかった。

 MF金澤慎の今季初ゴールで動いた試合は、FWムルジャが追加点を挙げる。今季課題だった失点は、ボランチの金澤、CBのDF横山知伸とDF高橋祥平を中心に守り切ってゼロでおさえ、ホーム最終戦で会心の勝利を手にした。しかし……。ほとんど同時に終わった清水での一戦は、0-0。NACK5スタジアム大宮で喜びが爆発することはなかった。

「あんまり実感がわかないというか……。すぐに降格が決まったと理解できませんでした」。試合終了直後を振り返った金澤は言葉を詰まらせた。「監督含め、コーチングスタッフが自分たちに(清水の)結果を知らせずに、この試合だけに集中できるような環境をつくってくれていた」。目標は叶わなかったが、完勝劇の背景にあったクラブの配慮に感謝した。

 昇格してから10シーズン。毎シーズンのように残留争いを演じてきたが、今シーズンはJ1に留まることが叶わなくなった。試合後のセレモニーでゴール裏のサポーターの前で挨拶をしたのは、主将のDF菊地光将。第31節で9試合ぶりに復帰したものの、その試合を最後にラスト3試合は欠場、ピッチの外で降格のときを迎えた。ゴール裏のサポーターの前で挨拶をした菊地は、サポーターの温かい声援を前に、涙で何度も言葉を詰まらせた。「いろんな人たちが残してくれた、J1という舞台から降格してしまうことに対して、本当に申し訳ないと思います。今年味わった悔しさを忘れずに、選手はもちろん、クラブとしてもレベルアップして、残留争いではなく、上位争いができるようなチームになってJ1に戻ってきたいと思います」。鈴木茂代表取締役社長の挨拶時はブーイングに包まれたが、選手たちには最後までエールが贈られていた。

「1年でJ1の舞台に戻ってきたい」。大宮の下部組織出身、04年のJ1昇格当時を知る金澤は、15年に2度目の昇格を迎えることを誓っていた。

(取材・文 奥山典幸)
▼関連リンク
[J1]第34節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング