町田MF藤田が今季限りで現役引退「J2復帰できなかったことが心残り」

ゲキサカ / 2014年12月11日 19時3分

 FC町田ゼルビアは11日、MF藤田泰成が今シーズン限りで現役を引退すると発表した。同選手は14日の街頭報告会、シーズン終了報告会には参加する予定。

 名古屋グランパスや東京ヴェルディなどで15年間プレーした藤田はクラブを通じて「プロ入りして最初にお世話になった名古屋グランパスと同じく最長の5年間、在籍させて頂きました。いろいろなことが経験できた町田では、本当に沢山の思い出ができましたし、強い思い入れも生まれました。J2復帰に貢献できなかったことは心残りですが、現役生活を町田で終えられたことは良かったと思っていますし、皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。

 今後に関しては「サッカーとは少し離れた仕事をする予定です。第二の人生は、簡単ではないと思いますが、これまでの自分のスタンス通り、どんなことにも楽しみながら取り組んで、頑張っていければと思っております。引き続き応援頂けますと幸いです。皆様、長い間、本当にありがとうございました」と締めくくった。

以下、クラブ発表のプロフィール

●MF藤田泰成
(ふじた たいせい)
■生年月日
1982年1月31日(32歳)
■身長/体重
173cm/66kg
■出身地
高知県黒潮町
■経歴
多々良学園高-名古屋-F東京-東京V-F東京-東京V-徳島
■通算出所記録
J1リーグ:19試合1得点
J2リーグ:126試合試合1得点
J3リーグ:2試合
JFL:78試合2得点

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング