[大学選手権]慶應義塾大は山本&宮地の2年生弾で福山大に2発完勝

ゲキサカ / 2014年12月12日 11時3分

[大学選手権]慶應義塾大は山本&宮地の2年生弾で福山大に2発完勝

[12.11 全日本大学選手権1回戦 慶應義塾大2-0福山大 BMWス]

 第63回全日本大学サッカー選手権大会の1回戦が11日に各地で行われた。BMWスタジアム平塚で行われた第2試合では、慶應義塾大(プレーオフ枠)が福山大(中国地区代表)に2-0で勝利した。2回戦は14日に行われ、慶大は関西第1代表の阪南大と戦う。

 試合後、福山大のDF峯恭平(4年=神村学園高)主将は「自分たちが思っているより、相手が強かった」と唇を噛むと、「相手の方が弾く力もあったし、裏にバックするスピードもあった。何もやらせてもらえないのが現実だった」と肩を落とした。その言葉通りに試合は終始、慶大ペースだった。

 前半3分には慶大がセットプレーからチャンスメイク。MF端山豪(3年=東京Vユース)の左CKから最後はDF宮地元貴(2年=東京Vユース)がシュートを放つも、ゴール前でMF前原翼(2年=盈進高)にクリアされた。立ち上がりから勢いをみせる。

 すると前半8分に早くもゴールは生まれた。左サイドでMF山浦新(4年=東京Vユース)からのパスに抜け出た端山が前線へ浮き球のパス。ゴール前右で受けたFW山本哲平(2年=國學院久我山高)が右足を豪快に振りぬき、ゴールネットへ突き刺した。慶大が1-0とリードに成功した。

 その後も慶大は攻撃の手を緩めない。前半40分にはDF井上大(2年=國學院久我山高)とのワンツーで仕掛けた山浦がシュートを狙うもGKに阻まれる。前半終了間際の45分には、MF川田悠介(4年=桐蔭学園高)の右CKからのこぼれを展開。PA内で山浦が粘ると、最後は後方から走りこんできたMF浅間翔太(4年=暁星高)がシュートを打つ。これは惜しくもクロスバー上へ外れた。前半でシュート1本の福山大に対し、7本のシュートを放った慶大だが、リードは1点のままに前半を終えた。

 後半に入っても流れは変わらず。慶大が果敢に攻める。しかし立て続けにセットプレーを獲得するも、ゴールネットを揺らすことはできない。対する福山大は後半30分から途中出場したFW村上大弥(1年=如水館高)が奮闘。同33分には左サイドからドリブルで持ち込み、自らシュートを放つもGK峯達也(4年=桐光学園高)に止められる。

 こう着状態が続いていたが後半43分にようやく慶大が追加点。右サイドから川田が蹴りこんだFK。この日はDFとして先発していた宮地がゴール正面で合わせ、ヘディングシュートを叩き込み、2-0と差を広げた。その後はゴールは生まれずに2-0で試合は終了。慶大が初戦突破した。

 試合後、慶大の須田芳正監督は「今年は(失点を)ゼロでいこう。守備を固めようといってきた。ゼロで終えることができて良かった」と勝利に安堵の表情を浮かべながら、「我々はプレーオフ枠。どんな相手にもチャレンジャー精神で戦わないといけない」と淡々と語った。

 一方、完敗を喫して肩を落とした福山大の峯主将だったが、「悔しい思いはあるけれど、この経験を来年に生かせればいい」と後輩たちへ思いを寄せた。

(取材・文 片岡涼)
▽関連リンク
第63回全日本大学選手権特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング