[EL]川島&小野先発のスタンダールはホームで意地見せれずG組最下位で敗退

ゲキサカ / 2014年12月12日 7時32分

[12.11 ELグループリーグ第6節 フェイエノールト3-0スタンダール・リエージュ]

 ヨーロッパリーグ(EL)は11日、各地でグループリーグ最終節を行った。G組のGK川島永嗣とFW小野裕二の所属するスタンダール・リエージュ(ベルギー)はホームでフェイエノールト(オランダ)と対戦し、0-3で敗れた。川島と小野はともに先発出場。川島はフル出場したが、小野は後半28分に途中交代した。

 すでにグループリーグ敗退が決定しているスタンダール。ホームでの最終戦をなんとか勝利して終えたいが、前半16分に右サイドでFKを与えてしまうと、これをMFイェンス・トールンストラに角度のないところからニアを抜かれ、先制点を許した。45分にもピンチが訪れたが川島の好セーブで前半を0-1で折り返した。

 後半も押し込まれる時間が続くスタンダールは、9分にトールンストラにコースを狙ったシュートを打たれるが、川島が右足で弾き出し、難を逃れる。しかし、15分、最終ラインのDFコランタン・フィオーレがトラップミスからMFカズム・リチャーズにボールを奪われ、最後はFWジャン・ポール・ボエティウスに右足で流し込まれて0-2とされた。

 1点が遠いスタンダールは後半43分にも途中出場のFWエルビス・マヌに決められ0-3で試合終了。今季は欧州CL本戦への出場のチャンスもあったスタンダールだったが、G組最下位でヨーロッパリーグを去ることになった。
▼関連リンク
EL14-15特集
欧州組完全ガイド

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング