[大学選手権]連覇へ…大体大が後半45分の山口V弾で難敵順大下す

ゲキサカ / 2014年12月15日 8時10分

[大学選手権]連覇へ…大体大が後半45分の山口V弾で難敵順大下す

[12.14 大学選手権2回戦 大体大2-1順天堂大 町田陸]

 第63回全日本大学サッカー選手権大会の2回戦が14日に行われ、町田市立陸上競技場の第2試合では大阪体育大(関西4)が順天堂大(関東3)を2-1で下して、準々決勝に駒を進めた。16日が同じく町田市立陸上競技場で流通経済大と対戦する。

 順天堂大のスタメンを見て、大体大の坂本康博監督は疑問を持った。「順天の試合はあまり見ていないのですが、(リーグ最終節の)専修との試合だけ取り寄せて見ました。10番(長谷川竜也)が厄介だなと思っていたので、(スタメンではないので)アレって」。

 試合が始まってまずボールを持ったのも大体大だった。MF池上丈二(2年=青森山田高)やFW安田圭佑(3年=京都両洋高)が積極的にサイドを仕掛ける。すると前半20分、勢いのまま大体大に先制点が生まれる。左サイドからDF坂本修佑(4年=初芝橋本高)がクロスを上げると、FW澤上竜二(3年=飛龍高)が頭で折り返す。最後はキャプテンのMF山田貴文(4年=日章学園高)が左足で押し込み、試合を動かした。

 ただ後半に入ると、順天堂大も息を吹き返す。特に23分から温存していたMF長谷川竜也(3年=静岡学園高)とFW小島凌(2年=正智深谷高)を同時投入したあたりから、ペースを完全に握り返した。すると26分、長谷川がエリア内で倒されてPKを獲得。GK村上昌謙(4年=草津東高)も読んでいたが、長谷川がきっちり蹴り込み、試合を振り出しに戻した。

 しかし勝負強さの面では大体大が一枚上手だった。同点のまま90分が終えようとしていた後半45分、左サイドでFKを獲得すると、池上がゴール前に蹴り入れる。これに飛び込んだのはDF山口幸太(4年=四日市中央工高)。ダイビングしながら頭に当てると、ボールは右ポスト内側を叩いてそのままゴールネットに収まった。

 連覇に向けて勢いの付く勝利を挙げたかに思える大体大だが、坂本監督はまだまだ課題は多いと話す。それはチームとしてエース澤上の使い方が徹底できていないからだ。「フォローの問題だと思う。竜二に対して預けたあとの動きがない。(昨年は大分に入団した)伊佐(耕平)に預けて、竜二が走っていくというパターンがあった。伊佐が竜二を生かしてやろうとしてくれていた。それが今はない」。

 試合中は中盤まで澤上が下りてきてボールをさばく場面が幾度となく見られた。「竜二が競り合ってこぼすじゃゴール前に行けないから。アイツはどこのポジションでもやるんだけど、そこで頑張るような状況じゃダメ。やっぱり前でプレーしてくれないと。そこが今年のチームの力不足なところ」と連覇のカギを力説した。

 順天堂大がCBの新井一耀(3年)以外は1年生と4年生でメンバーを構成したのは、連戦を想定したものでもあった。松本山雅FCに入団が内定しているDF谷奥健四郎(4年=四日市中央工高)もあくまで作戦であったことを強調。ただ結果を残せなかったことで、「4年生がしっかりしなければいけなかった。後輩にインカレの舞台を経験させてやれなかった」とうな垂れていた。

(取材・文 児玉幸洋)▼関連リンク
第63回全日本大学選手権特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング