[プレミアリーグ参入戦]粘り強く攻めた大分U-18、山崎決勝ミドルでプレミア王手!

ゲキサカ / 2014年12月15日 2時37分

[プレミアリーグ参入戦]粘り強く攻めた大分U-18、山崎決勝ミドルでプレミア王手!

[12.14 高円宮杯プレミアリーグ参入戦1回戦 大分U-18 1-0 北海道大谷室蘭高 広島補助]

 14日、高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグ参入戦1回戦が行われ、大分トリニータU-18(九州1、大分)が1-0で北海道大谷室蘭高(北海道)に勝利。大分は15日、初のプレミアリーグ参入を懸けた2回戦で米子北高(中国2、鳥取)と戦う。

「相手のプレスが早くて、かなり苦しかった」。
 U-17、U-19日本代表で世界とアジアを経験した大分のMF坂井大将がこう語ったように、試合は個の能力で上回る大分が攻勢に出るも、CB深井和希を軸にした、北海道大谷室蘭の出足の早い守備に苦しむ試合展開だった。

 1点が遠い。だが、大分は焦れることなく、冷静にゴールを狙い続け、『その時』を待った。そして、後半12分に『その時』はやってきた。中央でボールを受けたFW岩田智輝が、ドリブルでDFを引きつけて、右サイドに出来たスペースにオーバーラップをしてきたDF山崎誠也へパス。山﨑がPA外20mの位置から、目の覚めるような強烈ミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。

 苦しみながらも、均衡を崩す先制弾を生み出した大分。結果として、この1点が決勝点となったが、このゴールを生み出したのは、山崎哲也監督を始め、選手たちが冷静に相手を見ながら、粘り強く攻め続けたからであった。

 ゴールの予兆は、前半終盤から漂っていた。前半の30分過ぎ、坂井がこれまで4-2-3-1の左サイドハーフから、トップ下にポジションを移した。「最初は坂井をサイドにおいて、サイドに起点を作って、クロスから崩そうと思った。しかし、うまくいかなかったので、起点をもっと前に持ってくるためにトップ下に移した」と山崎監督が語ると、坂井も「前半、サイドのポジションから相手のCBを見ていたら、ウチの1トップにCB2人が食いついていた。なので、自分が中央のポジションになったら、CBを食いつかせれば、サイドが空く。そこをうまく使おうと思った」と、ポジションチェンジを想定しながらプレー。「大将がトップ下になると、起点が前に出来るので、サイドが上がりやすくなる。積極的にオーバーラップを仕掛けることが出来た」と殊勲の山崎が語ったように、ピッチの外と中の思惑が一致したことで、後半に入ると大分の攻撃はさらに活性化し、決勝弾に繋がった。その後も相手のカウンターを受けながらも、最後まで集中を切らすこと無く対応した。

 苦しみながらも、戦術的に意思統一が取れたことで、掴んだ勝利。「この2試合は結果重視。しっかりと意識を合わせて戦いたい」(坂井)。明日の昇格決定戦でも、強い結束力のもと戦い、悲願達成を狙う。

[写真]坂井中心に攻めた大分U-18はプレミアリーグ昇格へ王手

(取材・文 安藤隆人)▼関連リンク
2014プレミアリーグ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング