[大学選手権]いざ関西勢対決へ…関学大が勢いに乗る仙台大完封、13大会ぶり4強へ

ゲキサカ / 2014年12月17日 0時53分

[大学選手権]いざ関西勢対決へ…関学大が勢いに乗る仙台大完封、13大会ぶり4強へ

[12.16 大学選手権準々決勝 仙台大0-1関学大 BMWス]

 第63回全日本大学サッカー選手権大会は16日、準々決勝を各地で行った。BMWスタジアムの第1試合では、関西学院大(関西3)が仙台大(東北)を1-0で下し、第50回大会以来、13大会ぶりのベスト4に進出した。18日に味の素フィールド西が丘で行う準決勝では、同じ関西勢と阪南大(関西1)と対戦する。

「相手を中に密集させて、そこで自分たちは展開してドリブルを開始するという作戦通りのサッカーが出来て、前半は自分たちの流れで進んだ」。主将のDF福森直也(4年=金光大阪高)が振り返ったとおり、前半は関学大ペースで進んだ。

 すると早い時間帯に先制点も生まれる。前半14分、MF小林成豪(3年=神戸U-18)のパスを受けたMF森俊介(2年=東山高)がドリブルで持ち上がると、左足を一閃。「徳永裕大(2年=G大阪ユース)が相手を引き付けてくれた。中にスペースが出来たので、思い切ってシュートを打ちました」。今大会初先発に燃えていたスピードキングが豪快にゴールネットを揺らした。

 幸先よく試合を動かした関学大だが、その後のチャンスを生かしきれずにいると、徐々に仙台大が息を吹き返す。特に後半に入ると同時にMF宮澤弘(1年=柏U-18)に代えてFW斉藤恵太(4年=聖和学園高)を送り込むと、流れがグッと変わる。しかしあと一歩が押し込めない。後半13分のMF秋葉侑思(4年=山形ユース)のボレーシュートはわずかに枠上。同20分には波状攻撃を見せると、最後はMF蓮沼翔太(3年=柏U-18)が押し込むが、DFにクリアされてしまった。

 後半、やや守勢に回った関学大だが、小林やMF小幡元輝(4年=名古屋U18)といった前線のキープレーヤーが、正確なカウンターを仕掛けると、最後は大会注目FW呉屋大翔(3年=流通経済大柏高)がフィニッシュに持ち込む。しかし後半31分、小幡のクロスに呉屋が頭で合わせたがGK松岡峻(4年=矢板中央高)に防がれる同45分には呉屋が左サイドを抜け出し、GKと1対1の状況を作るが決めきることは出来なかった。

 ただ守る方では明治大撃破で勢いに乗る仙台大を抑え込んだ関学大。後半の仙台大の攻勢を耐え抜けたのは、苦い思い出があったからだった。関西1部リーグ最終戦、勝てばリーグ戦を2位で終えることができた関学大は、優勝を決めていた阪南大を相手に4-2とリードを奪って試合終盤を迎えた。しかし1点差に追いつかれて迎えた後半アディショナルタイム1分、FW河田篤秀(4年=阪南大高)に同点弾を決められる。我慢しきれなかった関学大は、びわこ成蹊スポーツ大にかわされて3位に転落。インカレ本大会のシード権も失っていた。

 連戦を考慮し、この日、関学大は3人の先発メンバーを入れ替えて臨んでいた。その入れ替えた森が決勝点、左足首の怪我のために約2か月ぶりに先発復帰したMF泉宗太郎(4年=桐蔭学園高)も無難なプレーを見せるなど収穫も多かった。成山一郎監督も「1つ1つ勝ち上がるごとにメンバーの一体感だとか、充実感をすごく感じています」と手ごたえを口にする。次なる相手はリーグ最終節で悔しい思いを味わわされた阪南大戦。今季の対戦は1勝2分(リーグ戦2分、総理大臣杯予選勝利)。リーグタイトルは譲っただけに、直接対決ではプライドを示したい。

(取材・文 児玉幸洋)▼関連リンク
第63回全日本大学選手権特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング