[大学選手権]初の決勝ならず…阪南大FW河田「関学の形にもっていかれた」

ゲキサカ / 2014年12月18日 21時57分

[大学選手権]初の決勝ならず…阪南大FW河田「関学の形にもっていかれた」

[12.18 大学選手権準決勝 関学大2-1阪南大 味フィ西]

 大学選手権において、ここまでの試合で抜群の存在感をみせていた阪南大FW河田篤秀(4年=阪南大高)だったが、決勝戦は不発に終わり、シュート数は後半のわずか2本。思うような見せ場をつくれず、チームも1-2の逆転負けを喫した。

 試合後、河田は「個人的には前で収めることなど、今までできていたことができなかった。僕的にも残念な試合になった」と敗戦に肩を落とした。ドリブルやパスさばきで存在感をみせ、チームを4強に導いたFWだったが決勝の舞台にはあと一歩が及ばなかった。

 阪南大にとっては、今季4度目の対戦となった関西学院大戦。過去3戦でFW呉屋大翔(3年=流通経済大柏高)に6得点も取られており、この日も警戒していたが、全2得点に絡む1得点1アシストを許しての逆転負けとなった。

 河田は「呉屋くん個人もすごいが関学自体が呉屋で点を取る形を取っている。失点する場面に呉屋がいるのは仕方ない」と言いつつも、「呉屋個人を抑えるというよりも、関学を抑えられれば、あの得点はなかった。すべて関学の形に持っていかれた」と唇を噛んだ。

 4年生の河田にとって、今試合が大学サッカー最終試合となった。過去にはFC岐阜の練習に参加したことがあるという河田は、今後もサッカーを続けていくという。しかし、現時点で具体的な進路は決まっていない。引退を迎えた今後はJクラブの練習参加を繰り返し、「来年はJでプレーしたい。それを目指して頑張っていきたい」と当面の目標を話した。

 決勝戦のピッチへ立つことは叶わなかったが、準決勝には関西代表が3校も残った。関西勢同士で準決勝を戦い、引退を迎えた阪南大のストライカーは最後に「決勝行きをかけた試合で知り合いが多くいるチームが相手。そこで自分自身もプレーできたことはよかった」と微笑んだ。

(取材・文 片岡涼)▽関連リンク
第63回全日本大学選手権特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング