カズも2大会連続フットサルW杯出場に意欲? ミゲル監督「引き締まったボディを見せてくれた」

ゲキサカ / 2014年12月21日 10時4分

カズも2大会連続フットサルW杯出場に意欲? ミゲル監督「引き締まったボディを見せてくれた」

[12.20 親善試合 フットサル日本5-2フットサルクロアチア グリーンアリーナ神戸]

 フットサル日本代表は20日、クロアチア代表との親善試合を行い、5-2で快勝した。サッカーをはじめ、様々な球技で好結果を出しているクロアチア。フットサルも例外ではなく、2012年に自国で開催された欧州選手権では4位に入っている。

 エースのFPマリノビッチを欠くなど、ベストメンバーではなかったとはいえ、そんな相手を寄せ付けることなく、完勝を収めた日本。2年後にコロンビアで行われるW杯でベスト8を目指すチームは、順調に強化が進んでいることを示した。

 2012年のフットサルW杯タイ大会で、ミゲル・ロドリゴ監督は、FW三浦知良(横浜FC)を招集し、大きな話題を集めた。大会後、ミゲル監督は、4年後にもカズを招集することに前向きだった。しかし、これだけチームが完成されてきたら、カズを呼ぶのは難しいのではないだろうか。

「前回W杯ではカズ選手を招集しましたが、2年後のW杯で、再び有名サッカー選手の力を借りるつもりはあるか」。そんな質問に対して、ミゲル監督は否定することはなかった。 

 今シーズン、J2の横浜FCではリーグ戦2試合、計4分の出場にとどまったカズは、年明けに行っていたグアムトレーニングを、12月と1月の2回に増やした。ミゲル監督は、現在、1次グアムトレーニング中のカズと連絡をとったエピソードを明かした。

「カズの話をすれば、数日前に連絡をとりました。彼は、グアムでトレーニングをしていて、写真を送ってくれて、引き締まったボディを見せてくれた。それは『まだ選手として、フィットしているよ』というメッセージだったと思います。ですから、今の質問に関していえば、それがカズである可能性も否定はしません」

 さらに年内最後の活動で、欧州の強豪に勝利して上機嫌のスペイン人監督は「もう少し、そのことにコメントするのであれば、来シーズンの今頃もカズがグアムでキャンプを張るのであれば、私もグアムに派遣してもらいたいですね。カズは、朝6時に起きて、3部トレーニングを行っているようですが、私はグアムのビーチに入れると嬉しいです」と、冗談を飛ばして、会見を締めくくった。

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング