[大学選手権]呉屋悔しシュート0…「借りを返すのは僕の責任」

ゲキサカ / 2014年12月21日 18時24分

[大学選手権]呉屋悔しシュート0…「借りを返すのは僕の責任」

[12.21 大学選手権 流経大1-0関学大 味フィ西]

 完敗だった。試合開始から常に両CBが付いて回る。「リーグ戦でもあそこまで付かれることはない」。ただサイドに流れようとも、関西学院大FW呉屋大翔(3年=流通経済大柏高)が前を向いてボールを持つことはほぼ皆無だった。

 この一戦にかける強い思いは人並み以上だった。夏の総理大臣杯の準決勝での対戦では、0-0から突入したPK戦に末に敗れた。呉屋自身も「何も出来なかった」という印象が強く、リベンジに燃えていた。さらに呉屋は流通経済大柏高出身。顔見知りばかりが並ぶスタメンに燃えないわけがなかった。しかし結果的にシュートはゼロ。「相手が僕に対して来るというのはやり辛さを感じた。動き、工夫が足りなかった。自分の実力のなさを感じた」。敵将の中野雄二監督も「呉屋に仕事をさせなかったことが勝利に繋がった」と決定的な勝因に挙げるほど、完全に封じ込まれてしまった。

 大会最優秀FWに輝いた呉屋だが、「個人的にまだまだ実力が足りなかった」とまだまだ満足するつもりはない。今冬にはJクラブのキャンプにも参加するつもりだが、大学最終学年で関学大にタイトルをもたらしたいという思いも強い。「借りを返すのは僕の責任。来年は最上級生になって、チームを引っ張って、チームを勝たせることが自分の責任だと思っている。そういう部分で、来年1年、日本一を意識してやらないといけない」と来年度のリベンジを誓った。

(取材・文 児玉幸洋)▼関連リンク
第63回全日本大学選手権特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング