[大学選手権]呉屋とのホットライン不発…小幡「決勝戦で取らないと意味がない」

ゲキサカ / 2014年12月21日 19時28分

[大学選手権]呉屋とのホットライン不発…小幡「決勝戦で取らないと意味がない」

[12.21 大学選手権決勝 流経大1-0関学大 味フィ西]

 ホットラインが封じられた。準決勝ではFW呉屋大翔(3年=流通経済大柏高)とのコンビで先制点を演出。今季の関西学院大のストロングポイントを封じられ、MF小幡元輝(4年=名古屋U18)は「決勝戦で取らないと意味がない」とうつむいた。

 リーグ最終戦で阪南大と引き分けたことで、リーグ3位に落ちて、インカレは1回戦からの登場となった関学大。しかし準々決勝までの3戦を無失点で勝ち上がると、準決勝ではリーグ王者のタイトルを譲った阪南大を撃破。小幡は「1試合、1試合、チームが強くなっているというのを実感できながら、ここまで来ることができた。チーム全員で成長しながらこれたというのは良かったです」と満足げに振り返った。

 今季から背番号10を与えられた昨季のリーグアシスト王。飛躍を誓ったシーズンだったが、今季は個人タイトルを逃した。ただ「その分、ゴールが増えた。個人賞を目指しているわけではないので」と気にする様子はない。背番号10についても「もちろん、攻撃の中心になれる番号だと思いますけど、関学は誰かが中心というわけではない。もちろん10番は光栄ですけど、チームとしてという意識が強かった」と結果を残せた自負も強い。

 卒業後はまだ未定。しかしサッカーは続けるつもりでいる。「こういうところで結果の出せるパサーになりたいなと思います」。今夏には下部組織で育った“古巣”名古屋の練習にも参加。163cmの小柄なゲームメーカーには、必ず次の舞台があるはずだ。

(取材・文 児玉幸洋)▼関連リンク
第63回全日本大学選手権特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング