柏、下部組織からU-18代表のFW大島とDF中山が昇格

ゲキサカ / 2014年12月24日 15時35分

柏、下部組織からU-18代表のFW大島とDF中山が昇格

 柏レイソルは24日、下部組織に所属するFW大島康樹(写真左)とDF中山雄太が来季、トップチームに昇格することが決まったと発表した。世代別代表でも活躍する両選手は今季はトップチームにも2種登録されており、大島は天皇杯2回戦のファジアーノ岡山ネクスト戦で得点も決めている。

 クラブを通じ両選手はコメントを発表。大島は「幼い頃からの夢だったプロサッカー選手になる事が決まり、嬉しく思っています。これまで関わってくださった指導者の方々、チームメイト、支えてくれた家族に感謝しています。これからが、また新たなスタートであり、努力してレイソルに貢献できるように成長し続けていきたいです。応援をよろしくお願いします」。

 中山は「今までチームメイトやコーチ、他にも多くの人に支えられ、その人達のおかげで夢の一つが叶いました。その方々に感謝します。そしてなにより、常に心身共に支えてもらった家族に一番の感謝を送ります。自分に関わって頂いている方達の代表の一人として日々努力し、頑張っていきます」と意気込みを語っている。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング