[選手権]全国舞台で主役へ、流経大柏MF久保和己「注目されている選手には負けられない」

ゲキサカ / 2014年12月28日 6時45分

[選手権]全国舞台で主役へ、流経大柏MF久保和己「注目されている選手には負けられない」

 流通経済大柏高(千葉)は優勝候補の一角として全国高校サッカー選手権に出場する。MF久保和己(3年)は縦へのドリブル突破や得点力の高さ、そして2度追い、3度追いして相手にプレッシャーを懸ける守備にも注目のアタッカー。全国舞台でチームを勝利へ導く存在になる。

以下、久保コメント
●MF久保和己(3年)
―選手権予選の優勝で流経大柏のプライドを守った
「夏、負けて3部練だったり、他のチームよりも間違いなくキツイ練習をやってきたので、負けられないというプライドがあった。『絶対俺らの方が走り勝てる』とプライドもあるので、そこが一番出たのが県決勝の市船戦だった」

―負けないチームになった
「プレミアも連勝もできず、波のある試合ばかりしてしまって。去年ほど『負けちゃいけない』というのはあまりなくて、どちらかというと、自分らはレイソルだったり、目上のチームには力出せるんですけど(対戦相手によって)嘗めちゃうところがあった。今は、『どんな相手でもリスペクトして、チャレンジャーという気持ちを持とう』とみんな決めているので、そういう部分では負けなくなった要因だと思います」

―個人的にも選手権に懸ける強い思いがある
「ヒガシの中島賢星だったり、ウチの小川(諒也)・・・・・・、前評判の高い、注目されている選手には負けられないですね。それを表現できるのは得点だったり、アシストしたり結果だと思うので、結果にこだわってやっていきたいと思います」

―特に見てもらいたい部分は?
「縦へのドリブル、推進力だったり、ボールを追う闘争心だったり、そういうのは自分の持ち味であるので、見てもらいたいです」

―プレデター・リーサルゾーンをテストした感想を
「これが一番履きやすくて、キックが良く飛ぶんですよ。ミート力があって、動きやすかった。(特に良さを感じる部分は)シュートっすね。当たった感じが『蹴ったな』という手ごたえある。(普段使用しているスパイクと比べて)シュートやロングボールというのはこっちの方がいい。(このスパイクならば)得点を量産して、得点王ですね」

―一戦一戦勝って行くだけ
「初戦が作陽。苦しい戦いになると思うんですけど、(県大会初戦の柏)日体戦もそういうのがあったので、初戦から120パーセントの力を出していければ、日本一になれると思います」

(取材・文 吉田太郎)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング