[選手権]「『ここでこれやる?』みたいなところ」に注目!大会屈指の技巧派、流経大柏MF相澤祥太

ゲキサカ / 2014年12月28日 9時0分

[選手権]「『ここでこれやる?』みたいなところ」に注目!大会屈指の技巧派、流経大柏MF相澤祥太

 流通経済大柏高(千葉)のMF相澤祥太(3年)は今回の全国高校サッカー選手権大会屈指の技巧派だ。アイディアと精度を兼ね備えたパスで勝負を決める注目パサー。千葉県大会では後半からの出場で違いを示していたMFが全国大会でも輝きを放つ。

以下、相澤コメント
●MF相澤祥太(3年)
―市立船橋との県決勝では決勝点をスーパーアシストで演出した
「自分のところにボールが来て、きついボールだったんですけど、自分止めてもどうせ抜けないと思った。中見たらアイツ(福井)がいたので、『これ行くかな』と思ったらたまたまいいボールが行ったかなと。で、決めてくれたので。上手く行って良かったです」

―総体予選の敗退の影響はなかった?
「負けて逆にチームを最初から作り直せたというのがあると思う。夏の3部練だったり、プレミア勝てなかったり、そこからまた一からチームつくり直して勝つサッカーに切り替わってきた。最初は理解できない部分もあったけれど、違う楽しみ方が分かってきて、今ではこっちのサッカーの方が楽しいですね。そこで自分の良さだったりを出せたらもっといいサッカーになると思う。あの負けは良かったと思います」

―流経大柏のプライドもあった
「インターハイ負けて、ここでひとつ取らないといけなかった。自分らのプライドもありますし、でも(全国で)優勝ばかり見ていたら足下救われるので、作陽だったり、その後の矢板とか一戦一戦見てチーム全員で戦っていきたいです」

―最近スーパーサブとしての起用が続いている
「今、後半出させてもらっていて、スタートから出たいという気持ちがありますけれど、そのためには守備や運動量の部分、チームのためにというところを上げていかないとスタートから使ってもらえないと思う。それをこの(大会までの)期間で高めて、それでも無理で後半から出るのであれば、そこの役割をしてしっかりとチームに貢献したいですね」

―自分自身の見てもらいたいポイントは
「人とは違うところですかね。『ここでこれやる?』みたいなところを見てもらいたい」

―パティーク11プロを着用した感想を
「自分の足にフィットしている。靴履いていないみたい。(決勝アシストのプレーができる?)あるんじゃないですか。相手が取りやすいボールを蹴ることだったり、トラップもいいですし、蹴った感じがいいですね」

(取材・文 吉田太郎)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング