[横山杯]八千代が前橋育英を1-0で撃破!市立船橋とのリベ ンジマッチへ

ゲキサカ / 2014年12月30日 12時4分

[横山杯]八千代が前橋育英を1-0で撃破!市立船橋とのリベ ンジマッチへ

[12.28 横山杯決勝第1グループ第2戦 八千代高1-0前橋育英高]

 全国の強豪34校が優勝を争う「横山杯 第15回全国ユース招待サッカー大会1st Division」(茨城)は28日、決勝リーグに突入。決勝第2グループ第2戦では八千代高(千葉)が前橋育英高(群馬)と対戦し、1-0で完封勝利をおさめた。

 八千代は前半10分、ゴール正面からのFKをFW佐藤史将が直接狙う。これはGK山岸健太に阻まれたが同12分、MF鉛山敬之のスルーパスに抜け出したFW積田隼輔がGKをかわしてPA左の角度のないところから左足を振り抜く。これがクロスバーに当たりながらも右サイドネットに吸い込まれ、八千代が先手をとった。

 反撃に出る前橋育英は前半17分、最終ラインのDF長野周からボールを奪ったFW荒木慶彦がドリブルでPA内に侵入して右足シュートを放ったが、懸命に戻った長野のプレスに遭い、ミートし切れずにGK鈴木楓香に難なくキャッチされる。同24分にはCKから崩しにかかったがシュートまで持ち込めず、0-1で前半を折り返した。

 前橋育英は後半もパス回しからチャンスをうかがうもゴールが遠く、決定的な場面を作ることがなかなかできない。一方で、1点リードの八千代は積田のドリブル、佐藤の高さを生かしたポストプレーから追加点を狙いに行く。

 習志野が後半16分、佐藤が胸トラップから反転して浮き球パス。これに反応したMF林寛晃がPA左からクロスを上げ、MF三須啓史がフリックしたボールをファーサイドに走り込んでいた鉛山が右足シュート。決定的な場面だったが、GK山岸の好セーブに阻まれ、追加点のチャンスを逃した。

 その後は一進一退の攻防が続いたが、お互いにチャンスを作ることができずに1-0で試合は終了。八千代は29日に、先月9日に選手権千葉県予選の準決勝で対戦し、延長の末に0-1で敗れた市立船橋高(千葉)と対戦する。ファイナルゲーム進出がかかった一戦となるが全国進出を阻まれた相手から雪辱を果たす一勝を上げられるか注目が集まる。
(取材・文 清水祐一)▼関連リンク
横山杯 第15回全国ユース招待サッカー大会特設ページ
横山杯大会公式ページ
※別サイトへ移動します。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング