マンCは2点のリードを守れずにバーンリーとドロー

ゲキサカ / 2014年12月29日 4時10分

マンCは2点のリードを守れずにバーンリーとドロー

[12.28 プレミアリーグ第19節 マンチェスター・C 2-2 バーンリー]

 プレミアリーグは28日、各地で第19節を行った。公式戦9連勝中でリーグ2位のマンチェスター・シティは、ホームでバーンリーと対戦。前半に2点を挙げて力の差を見せたシティだったが、後半に失速。2失点を喫して2-2で引き分けている。

 シティは前半23分に、MFサミル・ナスリからのパスで抜け出したMFヘスス・ナバスの折り返しを、MFダビド・シルバが決めて1点をリードする。さらに、同33分にもMFフェルナンジーニョがミドルシュートを決めて、点差を2点に広げた。

 後半に入ると、バーンリーも反撃を見せる。後半開始からわずか2分、FWジョージ・ボイドのゴールで1点差に詰め寄る。同36分には、自陣のFKからロングボールを放り込むと、こぼれ球に反応したFWアシュリー・バーンズが同点ゴールを決めた。

 公式戦9連勝中と好調のシティだったが、この日は勝ち越すことはできず。2-2の引き分けに終わり、シティの連勝はストップ。また、首位のチェルシーとの勝ち点差を詰めることもできなかった。
▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング