長崎DF杉山、MF西森が現役引退を発表

ゲキサカ / 2014年12月29日 18時15分

 V・ファーレン長崎は29日、DF杉山琢也(31)とMF西森正明(29)の現役引退を発表した。今季、杉山は福島ユナイテッドFC、西森はレノファ山口FCへ期限付き移籍していた。

 杉山はクラブを通じて、「V・ファーレンのユニフォームを着て、多くの方々に応援していただき、JFL優勝、J2昇格、プレーオフ進出、いろいろな経験をさせてくれたチームに感謝しています。共に闘った仲間、チームスタッフ、背中を押してくれたサポーター、育ててくれた両親、いつも笑顔で迎えてくれた家族、多くの方々の支えがあって10年間プレーすることができました。皆に支えられ、プレーできた10年間は幸せでした。関わってくださった皆さん、素晴らしいサッカー人生をありがとうございました」とコメント。

 長崎アカデミーコーチに就任予定の西森も同様に「V・ファーレン長崎には、もう一度サッカーをできる場所を与えていただき、感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。サッカー選手として今まで在籍したチーム、チーム関係者、選手の皆さま、本当にありがとうございました。次の人生も頑張りますので、応援していただけたらうれしいです」とコメントしている。

以下、プロフィール
●杉山琢也
(すぎやま・たくや)
■生年月日
1983年1月1日(31歳)
■身長/体重
168cm/63kg
■ポジション
DF
■経歴
聖光学院高-平成国際大-草津(現群馬)-岐阜-アルテ高崎-長崎-福島(期限付き移籍)

●西森正明
(にしもり・まさあき)
■生年月日
1985年3月12日(29歳)
■身長/体重
168cm/63kg
■ポジション
MF
■経歴
熊本国府高-流通経済大-熊本-FC KAGOSHIMA-長崎-レノファ山口(期限付き移籍)

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング