アジア杯へ合宿スタート、練習後のアギーレ監督コメント

ゲキサカ / 2014年12月30日 0時12分

アジア杯へ合宿スタート、練習後のアギーレ監督コメント

 日本代表は29日、来年1月にオーストラリアで開催されるアジア杯に向け、千葉県内で合宿をスタートさせた。

以下、練習後のアギーレ監督コメント

●ハビエル・アギーレ監督
―八百長疑惑に関して選手に直接説明したということだが?
「この前の会見で話したこととまったく一緒だ。会見で話したことを繰り返した」

―選手から質問などはあったか?
「特になかった。何か質問があればと問いかけたが、特に質問はなかった」

―これまでは選手にも不安があったのではないかと思われるが?
「この前の会見で話したことを直接選手に言うことができた。選手は落ち着いて聞いていた。『このミーティングが終わったら、サッカーだけに集中していこう』と話した」

―国内合宿で確認したいことは?
「選手のフィジカルコンディションを把握したい。バラバラのタイミングでリーグ戦が終わっているし、(吉田)麻也のようにまだプレーしている選手もいる。明日、明後日で選手のコンディションを把握したい」

―内田が不参加となったが?
「チームに多くのものをもたらしてくれる選手なので残念だが、選手の健康を考えれば、こうせざるを得なかった。代表のドクターからも、シャルケのドクターからも、休養を与えたほうがいいという助言を受けたので、選手にとって一番いい選択をした」

―これだけ長期間の合宿は初めてになるが?
「まずフィジカルコンディションが重要になるので、全員が同じコンディション、良いコンディションになるように持っていかないといけない。2つ3つの違った戦い方をしたいと思っている。コンディションが良くなれば、メンバーも決まってくるだろう。それぞれのポジションで守備と攻撃、両方のトレーニングをしたい」

―チームとしてアジア杯に集中していくために気を付けることは?
「今日、選手と話して、『このミーティングが終わればサッカーだけの話をしよう』と伝えた。練習して、食事をして、また練習をして。サッカーだけを行っていくことになる」

―あらためてアジア杯への意気込みを。
「私は日本に来てから、たくさんの試合を視察し、選手を見てきた。ベストな23人を連れてきた。23人には『タイトルを守りに行こう』と話した。準備の時間もあるし、タイトルを守るだけの十分な力がある。楽なことではないが、それができると思っている。相手には敬意を払うが、すべての相手に勝ちたい」

―実際に選手の動きを見て現時点のコンディションはどうだったか?
「試合から20日離れている選手もいるし、先週までヨーロッパの大会に参加していた選手もいる。明日、明後日でしっかりコンディションをチェックして、全員が同じコンディションになるように準備したい」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング