[横山杯]3年生の穴埋めたDF杉岡、決勝L以降全試合完封勝利

ゲキサカ / 2014年12月30日 10時31分

[横山杯]3年生の穴埋めたDF杉岡、決勝L以降全試合完封勝利

[12.29 横山杯ファイナルマッチ 埼玉栄高 0-3 市立船橋高 矢田部サッカー場A面]

 13年全国高校総体優勝メンバーで、大黒柱だったCB藤井拓やDF打越大樹の抜けた穴を埋めることができるかを不安視されていた市立船橋高だったが、決勝リーグ以降の4試合全てで完封勝利。不安を感じさせないような戦いぶりで優勝を勝ち取った。もちろん前線、中盤のハードワークで相手の攻撃を限定していたことは確か。だが、強固さを印象付けた3バックの存在が大きい。白井達也や喜岡佳太が安定したプレーを見せ、特に中央に構える1年生DF杉岡大暉には風格すら漂っていた。

 杉岡はゴール前に入ってくる浮き球は的確なポジショニングから頭で完ぺきに弾き返し、スペースへのボールはいち早く反応してカバー。相手FWのプレッシャーを簡単にいなして攻撃を組み立てていく。1本致命傷になりかねないパスミスがあったものの、入学後早い段階で名門の定位置を勝ち取ったDFは、その実力の高さを遺憾なく発揮していた。杉岡は「(藤井の後を担う)責任は重い」と感じつつも「(磐田入りする)志村さんも抜けたのでシュートを打たせないこと。シュートを打たれる前に潰すことを意識している」
 
 杉岡や高宇洋のほかにも1年生でトップチームのテストを受けた選手はいる。だがそこでポジションを奪い取るような気迫を発揮し、レギュラー争いに食い下がるような選手はいなかった。その点、「杉岡と高は最初から意識が違った」と朝岡隆蔵監督は説明。1年生から志高く積み重ねてきた彼らは今、突き抜けるような存在になりつつある。選手権の出場権を惜しくも逃した市立船橋だが、来年、そして再来年も楽しみなチームになりそうだ。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
横山杯 第15回全国ユース招待サッカー大会特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング