[選手権]鳥栖内定の秀岳館CB笹原は4失点敗退「早くプロで通用する選手に」

ゲキサカ / 2014年12月31日 18時46分

[選手権]鳥栖内定の秀岳館CB笹原は4失点敗退「早くプロで通用する選手に」

[12.31 全国高校選手権1回戦 聖和学園高 4-1 秀岳館高 柏の葉]
 
 サガン鳥栖内定の秀岳館高CB笹原脩平(3年)の全国大会はわずか1試合で幕を閉じた。聖和学園高のドリブルに対策はしてきていたが、「全国舞台で少し緊張があった。その中で自分らが落ち着いてコントロールできなかったことを後悔しています」と悔しがった。聖和学園はこれまで戦ってきたどの相手をも上回る徹底したドリブルスタイル。それに各選手が食いつき、それぞれのマークを外してしまったことで守りに隙ができてしまった。笹原自身も「後ろが声かけて行かせることができなかった」とチームをコントロールすることができなかったことを反省していた。

 相手エースのFW坂本和雅(3年)とのマッチアップについては「1対1のところは自信もって行くことができた。他の1対1は自信もって取ることができた」と振り返る。ただ、責任を感じている場面がある。前半14分に坂本に2点目を奪われたシーンでは「自分が止めないと、という強い気持ちが裏目に出た」。自分が止めようとするあまり。相手の緩急あるドリブルに飛び込んでしまってついていくことができず、痛恨の2点目を決められてしまった。

 3年目にして初めて経験した選手権。これを今後に繋げていくつもりだ。「高校3年間で3回しか経験できない1回を経験できた。卒業したあとにとってもいい経験になるのでプラスに考えて、全国大会出たことを活かしてプロ生活で活躍することができたらいい。まだ課題はたくさんあるんですけど、プロに入って学ぶことがたくさんあると思う。身に着けて出来るだけ早くプロで通用する選手になれるように意識高く、練習でも意欲的に取り組んでいきたい」とプロの世界で多くのことを学び成長することを誓った。
 
(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング