[選手権]矢板中央、0-2から後半の3ゴールで松山北に逆転勝ち

ゲキサカ / 2014年12月31日 21時29分

[選手権]矢板中央、0-2から後半の3ゴールで松山北に逆転勝ち

[12.31 全国高校選手権1回戦 矢板中央高3-2松山北高 フクアリ]

 第93回全国高校サッカー選手権は31日、各地で1回戦を行い、フクダ電子アリーナの第2試合では矢板中央高(栃木)と松山北高(愛媛)が対戦した。前半は松山北の2点リードで折り返したが、後半に入って矢板中央が3ゴール。劇的な逆転勝利で初戦を突破した。

 矢板中央は前半5分、DF星キョーワァン(2年)のクリアが至近距離で松山北FW村上拓(1年)の体に当たって跳ね返り、そのままゴールネットを揺らすアンラッキーな失点。同32分にもMF柳田悠希(2年)にミドルシュートを決められ、いきなり2点ビハインドを負った。

 前回大会も四日市中央工(三重)との1回戦で前半25分までに3失点。その後、2点を返したが、同点に追いつくことはできず、初戦敗退に終わっていた。1年前の経験を踏まえ、高橋健二監督は「慎重に入ろう」と選手に声をかけてキックオフを迎えたが、「不運な1失点目があって選手が浮き足立ち、2点目を取られてしまった」と、結果的に逆効果となった。

 前半34分にMF新藤瑠偉(3年)を投入し、早くも1枚目の交代カードを切った高橋監督は0-2で折り返したハーフタイム、「このまま地元に帰るわけにはいかないぞ」と選手にカツを入れた。「ちょっと厳しくゲキを飛ばして、後半は本来のサッカーができた」。後半開始からMF澤野祐輝(1年)も投入。積極的な交代策で流れを引き寄せた。

 後半11分、MF新井滉希(3年)の右CKをFW関岡亮太(3年)が頭で落とし、DF川上優樹(2年)が右足で押し込む追撃弾。1点差に迫ると、後半21分には新藤のロングフィードに抜け出したFW人見拓哉(2年)が前に出てきたGKもかわし、落ち着いて左足でゴールに流し込んだ。

 2-2の同点。一気に逆転ゴールを目指して攻勢を強めると、試合終了間際の後半40分、DF水書祐季(3年)の左CKからMF今泉航希(3年)がつぶれたこぼれ球を星が執念で押し込み、土壇場で3-2と勝ち越した。

 2点差をひっくり返す逆転勝利に高橋監督は「去年を経験している選手も7人ぐらいいて、ハーフタイムにもう一度冷静になれた」と、前回大会の経験を生かせたと指摘。1月2日の2回戦では流通経済大柏高(千葉)と対戦する。「相手は優勝候補。挑戦者の気持ちで、開き直って、今日より思い切ってできるかなと思う」と話していた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 西山紘平)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング