[選手権]果たしたかったチームへの恩返し・・・広島皆実MF油井主将「本当に自分の力不足」

ゲキサカ / 2014年12月31日 21時59分

[選手権]果たしたかったチームへの恩返し・・・広島皆実MF油井主将「本当に自分の力不足」

[12.31 全国高校選手権1回戦 尚志高 2-0 広島皆実高 柏の葉]

 全国高校総体では鵬翔高、市立船橋高、野洲高と全国高校選手権優勝経験のある3校に勝って8強入り。選手権で6年ぶりとなる日本一に挑戦した広島皆実高(広島)だったが、初戦で姿を消した。MF油井喬介主将(3年)は「自分たちの力が出せなかったし、後ろも踏ん張れなかった。チームとしてまだまだ詰めが甘かった。自分たちの力不足で上に連れて行けなかったので3年生のメンバー外れた人や1、2年生に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と言葉を絞り出した。

 油井にとって、この全国大会に懸ける想いは特別だった。実力派のボランチだが、県予選は負傷によって万全ではなく、決勝も交代出場。チームメートに全国まで連れて来てもらったという想いがある。それだけに全国では主将としてチームの勝利に貢献したかった。

 この日は中盤で再三相手ボールを引っ掛けて攻撃の起点になっていたが、ボールを奪ってからの配球で味方を活かすことができず。「県予選は本当にチームに迷惑かけて、チームのためにしてあげることが少なった中で全国のために調整してきて、フルタイム出れる身体にまで戻してきたんですけど。まだまだ自分の力不足でチームをピンチの中でまとめ切れなかったり、献身的なプレーがまだまだできなかった。もっと後ろにも、前線にものびのびプレーさせてあげたかった。本当に自分の力不足」と首を振った。

 「3年間あっという間で刺激的な3年間」と評した名門・広島皆実での3年間。大好きなサッカーは高校で一旦封印し、これからは夢である理学療法士になるために全力投球していく。「スタメンで出たほとんどのメンバーが大学でサッカーをするので、きょう下向くのではなくて上を向いて大学でみんなが活躍するのを祈っているし、そういうところを帰ってみんなに話すときにも言おうと思っている。理学療法士になるので、忙しくてサッカーやれれば社会人になってやりたいけれど、自分の夢を持っているのでそこをまずやり切る」。主将は自分の夢を追い求めることを宣言し、ともに名門で歩んできた仲間たちが大学サッカーで躍動する姿に期待を寄せた。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング