[選手権]郡山、東海大山形とのPK戦を制して初出場初白星!!

ゲキサカ / 2014年12月31日 23時6分

[選手権]郡山、東海大山形とのPK戦を制して初出場初白星!!

[12.31 全国高校選手権1回戦 東海大山形高 0-0(PK2-4) 郡山高 駒場]

 第93回全国高校サッカー選手権の1回戦が31日に各地で行われ、浦和駒場スタジアムの第2試合で、東海大山形高(山形)と郡山高(奈良)が対戦した。80分間をスコアレスで終えた試合は、郡山がPK戦を4-2で制して2回戦へと駒を進めた。初出場で初白星を獲得した郡山は、2日に行われる2回戦で中津東高(大分)と対戦する。

 初出場の郡山には硬さがあったと、浦野和久監督が語る。「硬さが消極性に表れていたような気がしました。相手のトップにボールが入っても誰も寄せないとか、ボールを簡単に外にクリアしてしまったりしていた。初出場の初戦ということで、自分のところでミスをして取られたくないという気持ちが働いたような気がします」。

 なかなかシュートまで持ち込めず、前半18分にはDF矢萩万裕(3年)のクロスからDF半沢拓也(2年)に打点の高いヘディングシュートで、同22分にはMF山口翔平(3年)にミドルシュートで東海大山形にゴールを脅かされる場面を作られてしまう。しかし、得点を許さずに試合を進めると、徐々に郡山が相手陣内まで攻め込む回数を増やしていき、同23分にはMF鉄羅周太(3年)のクロスをFW椿本雄陽(1年)がダイレクトで合わせたが、惜しくも枠を捉え切れなかった。

 さらに前半28分に鉄羅がシュートを積極的に放ち、同31分にはDF藁田知輝(2年)のFKからFW矢吹遼平(3年)がヘディングで狙うなど、シュートまで持ち込む場面を増やしたがネットを揺らすには至らず。試合はスコアレスのまま折り返した。

 後半に入ると、東海大山形が立ち上がりにゴールを脅かし、後半7分にMF山口幸弥(3年)の蹴り出したCKから矢萩がヘッドで狙い、同12分にはDF天野昂汰(3年)がミドルシュートを放ったが枠を捉えられず。すると、ここから郡山が猛攻をかける。「ハーフタイムに『悔いが残るよりも仕掛けた方が良い』と指示を出しました。段々、緊張がほぐれてきて良いところも出始めました」と浦野監督は語った。

 特に存在感を示したのが、背番号10を背負うMF坂本瑞貴(3年)だった。185センチと恵まれた体格を生かした豪快なドリブル突破で、敵陣深くへとボールを運ぶ。パワーだけでなく、スピードとテクニックでも見せ場を作り、後半21分と同25分にはシュートまで持ち込んだがGK伊藤源太(3年)の壁を打ち破るには至らなかった。その後もMF松江暢也(3年)や矢吹、坂本らがゴールを脅かしたが、東海大山形の体を張った守備に遭い、0-0のまま後半終了の笛が吹かれた。

 迎えたPK戦で、守護神が魅せた。GK大谷啓悟(3年)が相手の2人目と4人目のシュートを弾き出す。4-2でPK戦を制した郡山は、初出場ながらも初戦を白星で飾った。

 2回戦へと駒を進めた浦野監督は、「奈良県勢もここ2年は勝利を挙げられていなかったので、1つでも勝ちたいと思って奈良から来ました。PK戦までいきましたが、ここで勝つのと負けるのとでは大きな違いがあります。1つ進めたことは大きな価値があります」と奈良県勢3年ぶりの白星、そして同校の初白星に表情を緩めた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 折戸岳彦)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング