チェルシー守備崩壊…トッテナムに大量5失点で2位マンCと完全に並ぶ

ゲキサカ / 2015年1月2日 9時33分

チェルシー守備崩壊…トッテナムに大量5失点で2位マンCと完全に並ぶ

[1.1 プレミアリーグ第20節 トッテナム5-3チェルシー]

 プレミアリーグは1日、第20節を各地で行った。首位チェルシーは敵地でトッテナムと対戦し、3-5で敗れた。2位マンチェスター・シティが勝利したため、チェルシーは勝ち点だけでなく、得点と失点でも完全に並ばれた。

 チェルシーは前半18分、MFエデン・アザールが個人技で仕掛けてPA右から放ったシュートは左ポストを叩いたが、こぼれ球をMFオスカルがつないでFWジエゴ・コスタが右足で押し込み、幸先よく先制した。

 トッテナムも反撃に出る。前半30分、FWハリー・ケインが左から中央にスライドし、遠い位置から右足シュート。これがゴール左隅に突き刺さり、同点とすると、41分にもMFクリスティアン・エリクセンのスルーパスから抜け出したMFナセル・シャドリのシュートは左ポストを叩いたが、跳ね返りをDFダニー・ローズが左足で押し込み、2-1と逆転に成功した。

 トッテナムの勢いは止まらない。前半終了間際の45分、ケインがDFガリー・ケーヒルにPA内で倒されてPKを獲得。これをMFアンドロス・タウンセンドがゴール右隅に流し込み、3-1で前半を折り返すと、後半7分にも左からパスを受けたケインが反転から右足シュートを決め、4-1と突き放した。

 今季初の4失点を喫したチェルシーは、アザールが相手陣内でボールを奪い、ショートカウンター。そのままアザールがドリブルで駆け上がりMFセスク・ファブレガスとのパス交換から左足で流し込み、2-4と2点差とした。

 しかし、トッテナムもGKウーゴ・ロリスの好セーブで流れを引き戻すと後半33分、シャドリがPA右から右足シュートをゴール右隅に突き刺し、5-2と試合を決めた。

 3点差を追うチェルシーは後半42分、右サイドからアザールが折り返したボールをDFブラニスラフ・イバノビッチがつないでDFジョン・テリーが右足で押し込み、5-3としたが反撃もここまで。首位チェルシーは2015年まさかの5失点黒星スタートとなった。
▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング