ロッカールームで喫煙のアーセナルGKシュチェスニーに、罰金360万円が科せられる

ゲキサカ / 2015年1月6日 14時59分

ロッカールームで喫煙のアーセナルGKシュチェスニーに、罰金360万円が科せられる

 アーセナルは、1日に行われたサウサンプトン戦に0-2で敗れ、2015年は失意のスタートを切った。それに追い打ちをかけるような出来事が起きた。英『デイリーミラー』によると、GKボイチェフ・シュチェスニが、サウサンプトン戦後のロッカールームで喫煙。この事態を重く見たチームは、2万ポンド(約360万円)の罰金を科したという。

 5日に行われたFA杯のハル・シティ戦では、シュチェスニは起用されなかった。もっともアーセン・ベンゲル監督は、カップ戦ではメンバーを多く入れ替えるため、この試合もターンオーバーの一環と見られている。ただし、続くリーグ戦のストーク・シティ戦でも、シュチェスニはスタメンから外されることとなるようだ。

 過去にも、MFジャック・ウィルシャーやDFウィリアム・ギャラスらの喫煙が問題となったアーセナル。クラブは、この件に関してのコメントを拒否したという。
▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング